補強工事を行う | 自分のマイホームを守る〜事前の対策の大切さ〜

自分のマイホームを守る〜事前の対策の大切さ〜

補強工事を行う

地震に強い家を作るための費用について

低金利時代の影響により新築住宅の建設が目覚ましい限りでありますが、中古住宅においてもリフォームやリノベーションなどの増改築の施工に合わせて耐震補強を行う事例は大変多くなっております。耐震補強については外目では分かりえない情報があるため、専門業者により床下や天井に入っての目視検査や機材を使った非破壊検査により建物の状態を観察検査を行い、専門的な計算などにより耐震補強の要否を判定します。この判定費用は基本的に3万円程度となり、行政の助成を受けることが可能な場合もありますので、お尋ね下さい。実際の耐震補強工事についての費用は広さや状態、施工内容によって異なりますが、壁による補強材を1枚程度入れる工事で約20万円ほど費用がかかります。この工事についても助成が出る場合がありますので、ご確認ください。

耐震補強の歴史について

これまで多くの未曾有の天災が発生し、その度に自然の大きさや強さを実感させられ、それに対応するための検討策が講じられてきました。耐震補強もその一つと言えます。地震国として有名な日本であるはありますが、その歴史は意外に浅く、昭和23年に発生した福井地震の被害を受けて、1950年に建築基準法が制定され、耐震に関する意識が植え付けられました。その後も大型の地震の影響を強く受け続け、平成7年に阪神淡路大震災が発生し、既存の住宅の多くが全半壊しました。これを教訓に更に耐震基準、耐震意識が強まり、近年発生した東日本大震災によって地震に対する知識と関心は高まりを続けています。